交通広告とスマートフォン位置情報広告『pinable Ad』および乗換NAVITIMEアプリが連携した『Train Brain Stretch』のテスト販売を開始

2021年11月30日

交通広告を起点としたオフライン to オンラインのコンテンツ協賛型広告の商品化に向けて

POI位置情報マーケティングプラットフォーム『pinable(ピナブル)』を開発・提供する株式会社スイッチスマイル(本社:東京都千代田区 代表取締役:長橋大蔵 以下、スイッチスマイル)は、スマートフォン向け位置情報広告『pinable Ad』を提供しており、この度、株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:赤石良治 以下、jeki)が機能提供を行っているJビーコン(※1)と、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区 代表取締役社長:大西 啓介 以下、ナビタイムジャパン)が開発・提供する乗り換え検索に特化したアプリ『乗換NAVITIME』を連携させた、『Train Brain Stretch』のテスト提供を2022年1月から開始します。

『Train Brain Stretch』の特徴

Train-Brain-Stretch商品概要図

本商品は山手線乗車時に『乗換NAVITIME』アプリをスマートフォンにダウンロードしたユーザーに対し同意を得た上で、「移動のスキマ時間で頭の体操を!」をコンセプトにクイズへの参加をプッシュ配信で促し、クイズに参加する中でアプリに表示する広告と山手線車両内のデジタルサイネージ『まど上チャンネル』(※2)との重複接触を図る商品となっております。
『山手線プッシュアド』は、山手線各車両内に設置されたJビーコンに反応した『乗換NAVITIME』ユーザーに対して、予め指定したプッシュ型メッセージ配信を可能にします。
移動のスキマ時間を活用し「クイズ」をフックに『まど上チャンネル』と、車両内に設置されたビーコン接触をトリガーにリアルタイムでプッシュ通知が配信される仕組みの『pinable Ad』を連動させ、乗客に対し広告を認知させる事が可能な商品となります。
『まど上チャンネル』の放映内容と『乗換NAVITIME』のプッシュ型メッセージを重複接触させることにより、オフラインからオンラインへの誘導や、連動した広告接触における認知度の向上に寄与する事が実現できます。

『pinable Ad』について

『pinable Ad』は、全国の交通機関や商業施設に設置したビーコンによって得られたビッグデータをロケーションDBとして構築し、位置情報のみならず属性や行動パターン、周辺環境などの意味情報も含めたデータを活用するマーケティングプラットフォーム『pinable』と連携したアプリを媒体として、場所・時間・ユーザー属性・コンテンツを指定したリアルタイムプッシュ通知やリターゲティングプッシュ通知、ソーシャルメディアへのリターゲティング配信を可能にする広告配信メニューです。
ナビタイムジャパンの乗り換え検索に特化したアプリ『乗換NAVITIME』とも連携しており、位置情報と、『pinable』のロケーションDBが持つデータを掛け合わせたセグメンテーションによってユーザーにリアルタイムプッシュ通知も可能です。
スイッチスマイルは今後、『乗換NAVITIME』のほかにもさまざまなアプリと連携し、『pinable Ad』を展開していきます。

4つのジャストで広告配信! pinableAdのポイント
4つのジャストで広告配信! pinableAdのポイント

『pinableAd』についてのお問い合わせ先

株式会社スイッチスマイル 担当:松本・高田
pinable@switch-smile.com

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社スイッチスマイル 担当:小山
press@switch-smile.com

株式会社スイッチスマイル 概要

本店:
福島県郡山市緑町9番12号
本社:
東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
代表者:
代表取締役CEO 長橋 大蔵
事業内容:
POI位置情報プラットフォーム開発・提供
オープンビーコンネットワーク構築・提供
行動・体験のDMP構築・解析
位置情報連動アプリ開発
LINE Bot プラットフォーム開発・提供
位置情報戦略コンサルティング
Official SNS
Facebook
Wantedly
Official SNS
Facebook
Wantedly

Copyright © Switch Smile Co., Ltd. All rights reserved.